銀行の中でもさらに金利が低いローン

銀行カードローンが金利が低い理由

カードローンや目的別ローンを契約する場合、消費者金融よりも銀行のほうが金利が低く設定されています。それは銀行のカードロー

ンがより審査に厳しく、リスクの低い顧客に的を絞って融資をしているためです。そのため誰でもお金を借りることができるわけではなく

、信用情報もクリアで収入があり、安定した生活をしている人に限られています。銀行は預金口座があれば顧客のお金の流れを把握

することができますし、預金口座はローンの場合の担保にすることもできます。カードローンの中にはその銀行に預金口座を持ってい

ないと組めないものもあります。銀行は銀行法によって運営されており、消費者金融の貸金業法とは全く違う形態となっています。総量

規制による制限がないため、安心して貸出ができる顧客には大口の貸出をすることで利益を得ています。もし顧客が破綻してしまった

場合、全額、もしくは貸し出している金額の一部が負債となってしまいます。